毎日が卍解★くだらないことに一生懸命。そんな記録


by dragon_mayumi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

TDSスポンサーラウンジ続き★

さっそくですが、本日の一枚。

e0198877_2261524.jpg


先日のD一族、冒険とイマジネーションの海ツアーの一枚。
もちろん、最初はぬいぐるみを持つということに慣れない、いい年した大人たち・・・
でも最後はいいロケーションで写真をとること、キャストさんや好意的に話しかけてくれる他のゲストさんにうれしそうに対応していたのはママンだった気がする。
とにかく、この日の天気予報は最悪で・・・結果午後はほとんど雨も降らなかったし、うっすらと日が差すような天気にまで回復、写真を撮るということまで楽しんでもらえて本当によかった♪



さて、TDSの第一生命スポンサーラウンジの続きを・・・と思ったのですが、中にはこれからの使用を楽しみにしている人もいるかもしれないので、More機能とやらを使ってみようと思う。
これは他のブログですでに浸透してるのかな?
俗に言う『続きを読む』である。
ネタバレOKという方、もう行った事があるよという方は





インターフォンで中のキャストさんに予約の旨を伝えると中に入れてもらい、専用エレベーターで地下へ行く。
エレベーターの正面にはキャストさんが使う関係者以外立ち入り禁止の扉もある。
が、以前Dがここを使った時、運悪くシステム調整で止まってしまい、ここの扉からアトラクションに乗れなかったゲストさんがわんさか出てきたのをみたことがある。ので、何らかの非常用扉としてアトラクション内、又はエントランスとつながっているらしい。

ラウンジの前にはもう1つ扉とインターフォンがあって、ここでも中の人に到着した旨を説明するとようやく中に入れてもらえる。


中に入ると、キャストさんが2名。
大きな1グループ8名くらいは座れそうなソファーや半個室的なブースが4箇所程度あるだろうか?
記念写真を撮ってください的なディズニーのカチューシャや帽子・ミッキーの手袋なんかが用意してあるスペースも。(写真を載せたいのだが残念な顔をしたD一族が写ってるのしかなぁい)
通称1万円ダッフィーや、スティッチの同サイズ程度のぬいぐるみも、フォトロケーション的にぐったりしている。

e0198877_22421959.jpg

この季節カウンターはハロウィン仕様~。


席に通されると、キャストさんに中の説明を受ける。
『15分程度飲み物を飲んで頂きながら休憩して頂いた後に、アトラクションへお通しします』
メニューはソフトドリンク、全部アイス。
アイスコーヒー・アイスティー・オレンジ・アップル・グレープフルーツ・・・あとなんだっけかな?
もう覚えてないや。
とにかくそれが紙コップで出てくる。
別にディズニー柄でもなんでもない、オレンジの紙コップ。
せっかくだからパークで売ってるような食器を使えばいいのになと毎回思うけど、ここ数年変わりがないのは他の人からそういった意見がでないからなのか?
ちなみに、ここのトイレは無駄に広い。そしてキレイ。
変な話、ここでいちばんオススメはトイレだ。


皆で撮影して飲み物飲んで、15分はあっというま。
せかされるような形で第一生命が用意したというプレゼントを選ばさせられた。
(多分販促グッズだと思うが数点の中から自分の好きなものを1つ選んでいい※ものによっては2つ)
ただし、これは先日も書いたが、第一生命のポイントを使ってラウンジ利用している人だけ(だと思う)。
第一生命のポイントにきかれたのでもう少し詳しい名称をだすと第一生命ウィズパートナーというシステムの事だ。

ちなみに販促グッズだが、ディズニー柄のタオルとかそのたぐい。今年はなかったけどスティッチのレジャーシートをもらったことがあったなぁ・・・
今年はおばあちゃまに選んでもらったので、どんなのだったかDはよくしらない。


ここからはD的うれしい特権。
ラウンジのさらに奥の扉に通されると・・・なんと、センター・オブ・ジ・アースの裏側を見せてもらえる。
センター~の象徴的なアレが隠し小窓から見ることが出来る。
※ここは撮影禁止なので、私のわかりにくい説明でイメージを膨らませてね★
アトラクションに乗った人も目の前をすごい勢いで通過する。
ガラス越しだけど、臨場感はたっぷり。
アトラクションに乗っていると一瞬しか見えない象徴的なアレが隠し窓の先でうごめいてる。
という事はライド中は反対にここの隠し小窓もみえるかもしれないということなのです。
このキーワードだけでどこのことかわかった方は象徴的なアレが出てきたら、その反対側を見てみよう。
隠し小窓が2~3個見えるはず!

でも、ここにいられる時間は約1分なんだけどね。


と、ここを見せてもらったら早速アトラクションへ、
ラウンジのキャストさんとはここで別れ、DがTDRの中でいちばん理不尽だと感じるセンター・オブ・ジ・アースのエレベーターの前に案内される。
だってここのエレベーターって並んでる順に奥に入れられて、出て行くときは後に並んでいた人から出て行くんだもん。


ここからは通常のアトラクションと同じです。


個人的主観でちょっと辛口なことを書きますと、ラウンジのキャストさん・・・あんまりディズニーキャストに多い感じの方少ないんですよね。ちょっとそっけないっていうか、あんまり融通もきかないですしね。
ま、色々あるんでしょうけど・・・


いやあ、それにしてもD、今回のセンターはかなりヒヤヒヤドキドキ、スリル満点でした~。
なんてったって、Dの隣に・・・









80歳のおばあちゃまがセンター・オブ・ジ・アースに乗ったんでね!


※自己責任です。センターの注意事項には『高齢の方はご遠慮下さい』って書いてありますよー。


人気ブログランキングに登録してみました。ぽちっとご協力お願いします~。
人気ブログランキングへ
[PR]
by dragon_mayumi | 2010-10-04 23:20 | アトラクション